注意点

ライトハウスでは下記に該当する方についてはお断りします

 

×自己破産された方 

申込者となるご本人が自己破産されている場合です。ご家族に自己破産された方が同居している場合はその対象には該当しません。

 

×すでに一定期間支払いが滞っている方 

過去2年間、ローン等のお支払に1ヶ月を超える延滞が3回以上無い事が条件となります。

 

×自己居住用で購入する意思がなく、賃貸物件として購入する方 

住宅ローンは自己居住用の物件を購入するためにしか利用できません。賃貸物件となるとアパートローンや事業性資金の扱いになります。

 

×直近2年の間に3行以上の金融機関で否決もしくは減額の結果が出ている方

他業者で断られただけで、弊社ではお断りすることはございませんが、過去2年の間に3行以上住宅ローンの審査をされていますと、4行目以降は審査が非常に厳しくなりますので、申し訳ありませんが、お断りさせて頂いております。

 

×ご夫婦の話し合いができていない方

ご夫婦でご意見がまとまっていないお客様、特に奥様が物件購入に反対されているお客様に対しましては、お断りするというよりも、お話を進めていくことは不可能です。奥様を無理に説得したり、購入の意思が無いのに物件を無理に勧めるようなことは行っておりません。

 

×支払う意思のない方 

借りたらあと知らんではお話になりません。

 

×反社会勢力に関与している

反社会的勢力とは、自らが、暴力団、暴力団関係企業、総会屋若しくはこれらに準ずる者又はその構成員をいいます。
上記に該当する者が暴力的な要求行為、法的な責任を超えた不当な要求を行った場合のような事案が発生した場合には即時警察への防犯協力要請を依頼することと並行し、弊社顧問弁護士が法的措置を講じることとなります。