崖っぷちでした

「崖っぷちで救っていただきました」

・相談者:サラリーマン
・年 齢:32歳
・家 族:4人
・年 収:450万円
・カードローン・キャッシングあり(約460万)

[ご相談の内容]
 実際、今月の支払いが出来ないところまで追い込まれていました。こんな状況で電話したのですが、即座に対応して頂いた結果、延滞を回避できただけではなく、家族の夢の物件も手に入りました。社長さんに、あと1週間遅かったら、完全にアウトでした。と言われ、もしあのとき電話をしなければ・・・と思うと本当にゾーっとしました。まさに間一髪!ギリギリの崖っぷちでところで救っていただきました。

[当社からのご提案]

この様なご相談については、電話をかけて頂ける時期が全てです。
どうしようかな、などと悩んでいる暇はありません。

延滞情報が登録されてしまえば、手の施しようがありません。
と言いますのも、住宅ローンの審査基準は、過去2年間、ローン等のお支払に1ヶ月を超える延滞が3回以上無い事が条件となるためで、この状況の場合は、借入金額が大きいために1週間以内に延滞情報が3回以上情報機関に登録されてしまう可能性があります。

延滞が3回というのは、例えばA社、B社、C社、D社とカードを複数枚所有している場合にはその合計の延滞回数を指します。A社で1回、B社で2回、C社で0回、D社で0回でも3回なのでアウトで、A社、B社、C社、D社で各3回ずつの合計12回までOKという意味ではありません。

カードの融資枠が限度額いっぱいになっただけでは、住宅ローンが否決になることはありませんが、カードの融資枠が限度額いっぱいになり、そのため、返済原資がなくなり、延滞が始まってしまって、その情報が3回以上情報機関に登録された段階でアウトということになります。

そうなれば、どの不動産業者に相談に行かれても断られるでしょう。

ならば、どうすればいいのか?

わかりやすくご説明させて頂きますので、すぐに一度お電話してみてください。

延滞情報が登録される前であれば何らかの手段は残っています。

なお、本来の価格の契約書と、借金分等を上乗せした価格の契約の2種類を作成し、上乗せ分の契約書を金融機関に提出するような、いわゆる「かきあげ」や「オーバーローン」と言われているような不正行為は行ってはおりませんのでご安心ください。





ご相談事例もくじに戻る ↺