洗面化粧室事例

 

統一されたデザイン

洗面から浴室までの統一されたデザインに注目。足元にはクロスで仕上げた隠し扉を配置し、配管の点検が容易に行える工夫を施しています。






天窓の役割

洗面上部の天窓は、採光とともにLDKから取り込んだ風を逃がす装置でもあります。






スタイリッシュな空間

洗面、ドレッサー、洗濯収納、リネン庫の役割を担いつつ、スタイリッシュな空間を保ちます。






色調のコーディネート

浴室の壁と洗面の扉の色を、落ちついた色調で合わせました。






2連のボウルの洗面台

大きな鏡とボウルを2連で設けた洗面化粧台です。






木の質感との組み合わせ

木との組み合わせ。白いカウンターが木の色とマッチしています。






機能とデザインの両立

機能とデザインを両立させた、とてもセンスの良い洗面です。






洗面と浴室の一体感

使いやすさと明るさ。入浴が楽しくなります。






清潔であたたかい洗面

白いタイルと木の質感が調和しています。






快適な空間

洗面所の近くは、吸湿脱臭などの効果のあるエコカラットを貼りました。






洗面台横の化粧スペースは、自然光を使える工夫も

お風呂上がりにゆっくりと使えるよう、腰掛け仕様の洗面台にしました。洗面台横の化粧スペースは、自然光も使えるように窓を設けています。






透明感、清潔感、高級感

透明感、清潔感、高級感というキーワードを融合させた洗面室です。






白い洗面室

収納力のあるキャビネットを採用。採光のために上部の窓を設けました。






上質な空間演出

床には冷たさを感じにくいサーモタイルを使っています。






使いやすさを追求

シンプルで収納を多くして、使いやすさを追求しました。






清潔感のブルー

造り付けの洗面台です。清潔感のあるブルーを壁色としました。






収納力もある洗面

高さのあるキャビネットを側面に取り付け、収納力を高めました。






子どもが多い家族に、2連の洗面化粧台

家族が多いので、朝はいつも混雑していた洗面室まわり。広々使えるスクエアタイプのボウルを2台組み合わせ、化粧鏡は古材やタイルを使ってアレンジしました。






 

奥様はゆっくりお化粧

育ち盛りのお子様がいる奥様のゆっくりお化粧がしたいという要望を実現しました。






収納が充実

洗面化粧台の収納の他に、新たに収納を作りました。