ライトハウスの理念

 1-問題解決への取り組み

「困っている人を助けたい」この一点がライトハウスの起業の原点です。
困っている人は孤独です。そして不動産関連で困っている人とは次の4つの悩みに集約されます。
1.金銭問題(借入金の多寡、自己資金の有無等)
2.属性問題(勤務先事業規模、勤続年数、年収、保険証の種類等)
3.物件問題(希望物件の希少性、特殊性等)
4.人間関係(夫婦、親子、兄弟等との折り合い)
これらの悩みは相互に関連し、複雑に絡み合っています。私どもは不動産業という視点に基本を置きながら、時にはそれ以前の一個人として、悩みの原因を根本的に追求し、解決に向けてのお手伝いをしたいと考えております。
 

 2-対応力

「いかなる難問も、受けた限りは全力で全員の力を合わせて乗り越える」これが私どもライトハウスの理念です。そのための形づくりを法律関係は弊社の顧問弁護士、司法書士、行政書士、公認会計士、税理士と、
建築関係は取引先である工務店、建築士、土地家屋調査士、測量士とが全員で力を合わせて行っています。
 

 3-重要なことは

ご相談をお受けするにあたり、最も大切な事は「お客様が抱えていらっしゃる問題の核心は何か、そしてそのお客様にとって最善の解決策はどこにあるかを見つけ出していくこと」だと考えています。
 

 4-私達はプロフェッショナルです

私達はお客様の立場を理解し、共感を持ち、共に問題を考えつつ、さらに広く客観的な視野を持ってそのお客様にとって真に望ましく適切な解決へと共に歩んでいくことが大切な役割であると考え、お客様と強い絆を結び、いかにチャレンジを必要とする状況であっても決して諦めない信念を持つ者のみがチームライトハウスとしての資格を有しています。