離婚した元夫に使い込まれていました

=経緯=
 私は看護師で年収も400万円以上あり、普通に生活していたのですが、ある時クレジットカードを申し込んだ際に断られる経験をしました。私には心当たりはなく、考えられる事とすれば離婚した元夫が何かやったとしか考えられませんでした。恥ずかしい話、離婚原因は元夫の浪費癖です。同居している子供も大きくなり、そろそろ家も欲しいなと思っていたところでしたので、一度お話だけでもと、ライトハウスさんに伺いました。

=結果=(ライトハウスから皆様へ)
 クレジットカードの申込が否決されたとお聞きした時点で相当難しいだろうことは予測できていました。その後、現状の借入状況を詳しく調べた結果、300万円を超える借入金が発覚し、そのほとんどが支払われていいない状況でした。
 この場合では打開策がありませんでしたので、残念ながらお断りしました。お客様としては身に覚えもなく、ご自身が借りたお金でもないとのことで、混乱されておりましたが、当社としましてはとれるべき方法はありませんでした。

=補足=(ライトハウスから皆様へ)
 ご自身の身に覚えがない借入であってもご自身名義で他人や家族に借りられてしまえば、それは当然ご自身の借入になります。同居のご家族であっても簡単に印鑑や本人確認書類が手に入る状況にあることは好ましくありません。まして浪費癖のある家族がいるなら尚の事です。
 こういった事案の様に、打開策がない実状までに至ってしまいますと、時すでに遅しの状況になってしまいます。手遅れにならない為には早期の対処がなによりも効果的です。最悪の事態を避けるために、もう少し早くご相談頂けたら・・・とやりきれない気持ちでいっぱいになってしまいました。


ご相談事例もくじに戻る ↺